2015年12月29日火曜日

祈る=信じきる



その信用に疑いはついていないかな?

まだ手元にあるその祈りは、信じきるまでそこにある。





2015年12月25日金曜日

生きている実感


「生きている」ということを
こんなにも実感できるものを
私は他に知りません

『3月のライオン 9』(羽海野チカ=著)より






2015年12月19日土曜日

絵を描くことが教えてくれたこと④


〈自由〉
「自由じゃないですね、もっと好きなことをしてください。」
と言われたら何をしますか?

行きたいところへ行って、
欲しいものを買い、
会いたい人に会っても
なんだか満足できない時、

ああ、絵を描いているときは自由だったなと思い出す。

表現したいことを表現している時の自由さ。

ここでなら、何をしてもいいんだよ。




2015年12月18日金曜日

心の師匠たちの言う「愛」の訳



心の師匠と言える人たちが何人かいる。

その人たちが「愛」という言葉を使う時、

それは「生命」と訳される気がしている。




2015年12月16日水曜日

絵を描くことが教えてくれたこと③



〈在ること〉

在ることは私が絵を描くときの源泉です。


絵を勉強し始めたときに、まず「在ること」を学んだ気がします。

台には影が落ち、物にはそれぞれの質感がある。


物がないと在ることは描けません。

でも「在る」は物ではありません。

感じることで在ることがわかります。






2015年12月14日月曜日

絵を描くことが教えてくれたこと②



〈流れにのる〉

次に描く場所が自動的にわかる感覚。




絵を描くことが教えてくれたこと①


〈バランスを見失ったとき〉

①遠くに離れる

②絵の上下をひっくりかえす

③絵を鏡に映す

いろんな角度から見ることができる。

すべての角度から物事をみようとした時、

本当のことが見えてくる。

2015年12月9日水曜日

期限



「期限がある」ことに焦っていませんか?

それは自分がつくった幻想ではありませんか?

チャンスはいくらでもあります。

いまこの瞬間に。





浸透しているわたし



見るもの 聞くもの 感じるもの
その経験
すべてに浸透しているわたし




2015年12月1日火曜日

今日の次が明日かどうか



今この瞬間に集中して今に在る時、
今日の次が明日、という順番は
そんなに重要でない気がしてくる。




2015年11月5日木曜日

生命の作品Ⅳ



人生は集中力とバランスだ。
集中していてもバランスを失うと、転ぶ。
バランスをとっていても集中力を失うと、死ぬ。

どこに重点をおいているかを考える–––––バランスか集中力か。

『どんぐり』(オノ・ヨーコ=著)より





2015年10月20日火曜日

あるものを出せばいいんだよ











お店を開くつもりで



ちょっとした工夫が
お客さんの心に響いている。





2015年9月30日水曜日

天気のようなもの



体調や気分は天気のようなもの。

雨の日が嫌いなわけじゃない。





2015年9月18日金曜日

「本」のつく好きな言葉


本心

本気

本質

本物











2015年9月4日金曜日

選ばなかった決断





選ばなかった決断さえ、その人になっている。






2015年9月2日水曜日

励ます職業


励ます職業というのがあったらいい。
きっと励ましている人が一番励まされるだろう。





2015年9月1日火曜日

クローゼット


彼の服からは黒が減り、
私の服からは花柄が減った。





2015年8月31日月曜日

柄じゃない


そんな柄じゃなかった。
確信した時、自分に力が戻ってくるよう。







2015年8月30日日曜日

もっと中性


かたよりがあると、
もっと中性を目指そうとするかたより




2015年8月20日木曜日

生みの苦しみという言葉が嫌いだった


あ、それ、生みの苦しみじゃない?
あの幸せなやつ。(描いていない方)

簡単に言ってくれるよね…(描いている方)





2015年8月18日火曜日

2015年8月17日月曜日


間(ま)について感じることはできても
考えることはできない。




2015年8月11日火曜日

人というのは不思議なものだ


人というのは不思議なものだ。苦しい時ほど、美しさが際立つ。窮地に立たされた時のその人の態度でその人を知ることができるなら、どんな窮地でどう変わるのか、もっと見たいとすら思う。

『今を生きやすく つれづれノート言葉集』(銀色夏生=著)より





2015年8月7日金曜日

言葉では遅すぎる



そんなことは一瞬でわかるのではないですか。

一瞬でわからなければ、それはうそではないですか。




神様からの宿題を出す人


保険の営業の仕事をしている人かもしれない。

介護の仕事をしている人かもしれない。

看護士かもしれないし、

3人の子どものお母さんかもしれない。

どこにもいそうでいないひと。

その人からの宿題は断ることはできない。

私のハートからの依頼でもあるのだから。




2015年7月27日月曜日

切実な人たち


やらずには
いられない
やめようとして
やめられるものでは
ない。

たとえ何年そこから離れても
次の人生でも、そのまた次でも。

朗報は、それが一番やりたかったことだということ。





2015年7月3日金曜日

モチベーション・ウィンドウ



そこからは、いつでも惜しみなく、
創作の風が吹いてくる。

私はいくつかのモチベーション・ウィンドウを開き、
すぐに忘れてしまう、大事なことを
思い出す。

2015年6月30日火曜日

いったん、安心する


降伏に近い、
豊かさ。
そこから始める。

2015年6月27日土曜日

制服を買う


服がたくさん欲しくなってしまう時は、
「これが自分の制服だったらどうか?」
と考えてみる。

2015年5月1日金曜日

もしも選択肢で迷ったら


 人生の中で、AかBか、選択肢を迷うようなことがあったら、「自然かどうか」で判断するとよいでしょう。
 自分にとって、またまわりにとって、自然な流れ、自然な状態、自然な環境をもたらすものは何かと考えるのです。
 自然かどうかで判断するのは、想像以上に万能です。

ヒント
「頭」で考えるのではなく「からだ」に訊く、というのも同じように有効です

『わたしの中の自然に目覚めて生きるのです—あたらしい暮らしのちいさな魔法』(服部みれい=著)より



2015年4月30日木曜日

自然は

①外側に見える、山や海や川や湖という意味での自然と、②自然の法則にしたがって暮らすという意味での自然、そして、③わたしたち自身の内側にある自然と、この3つの自然があります。

『わたしの中の自然に目覚めて生きるのです—あたらしい暮らしのちいさな魔法』(服部みれい=著)より

2015年4月20日月曜日

手紙を書くように仕事がしたい

手紙を書くときは、
相手のことを思います。
その人に送る手紙は、
他の誰かに出す手紙とは違います。

送る相手が見えていない仕事は、
返事が来ないことも多かった。

でも、誰かのために書いた手紙は、
その人に届かなくても、
他の誰かの心を動かすことも
あった気がする。


2015年4月1日水曜日

すべては手のひらの上で

嫌いなこともよくわかり、許し
不快な感覚も確かにあり、あるとわかっていて
逃げることも、引き込まれることもなく
ただ眺めていただけ
ただひたすら静かに