2017年11月22日水曜日

病めるときも、健やかなるときも



よくない時に形を表したくない。

でもね、いい時ばかりじゃないよ。

調子のよくない時もある。

それも形になったってよくって。

そうやってコンスタントに手を動かしていったら、

いい時もあって。



------------------------------------------
Emi Imazeki ホームページ
http://emiimazeki.info
instagram
https://www.instagram.com/futagozanophoto/
twitter
https://twitter.com/futagozanotweet

2017年11月21日火曜日

いつからこの水は



ある作家さんの絵本を久しぶりに見返す。
その方の文章を読む。
澄んだ心になる、涙がでる。



清らかな水に咲く花を、久しぶりに見るまで
すっかり気づかなかった。

いつからこの水は汚れてしまったのか?

***

フラワーエッセンスの先生から「姫河骨」というお花について
教えてもらった。

「自分軸に関するエッセンスです。
茎の部分が太く、清らかな水のところにしか咲きません。」




------------------------------------------
Emi Imazeki ホームページ
http://emiimazeki.info
instagram
https://www.instagram.com/futagozanophoto/
twitter
https://twitter.com/futagozanotweet

「ド」の次は「レ」ではなく、次の「ド」へ




「ド」の次は「レ」にいきたいところを

次の1オクターブ高い「ド」へ。


あなたは「レ」ではない、「ド」なのだ。





------------------------------------------
Emi Imazeki ホームページ
http://emiimazeki.info
instagram
https://www.instagram.com/futagozanophoto/
twitter
https://twitter.com/futagozanotweet


2017年11月20日月曜日

機能する




大事なものを売ってしまったんだ。

機能しないからといって。


自分にとっては「機能する」というのが、
どういうことなのかわかっておいたほうがいい。

誰が言ったとかは関係ない。


他の誰かに価値のないものも、
自分にとっては魂そのもの、ということもあるだろう。


それをまた集めているんだ。





------------------------------------------
Emi Imazeki ホームページ
http://emiimazeki.info
instagram
https://www.instagram.com/futagozanophoto/
twitter
https://twitter.com/futagozanotweet

2017年11月19日日曜日

間違えた跡さえも美しい



この中でならどんな選択をしてもいい。

選択の連続。

間違ったら戻ればいい。やり直せばいい。

すべての軌跡がそこには残り、

間違えた跡さえも美しい。



絵の予備校で木炭紙に石膏のマルスを描いた。

形が大きくくるっていて、大幅に消して描き直した。

まるでマルスが動いたかのように、うっすら跡が残った。

その跡すらも講師は「かっこいい」と言ってくれた。



誰にでも、間違えたと思った人生さえも

「かっこいい」と言ってくれる誰かがいたらいいのに。





------------------------------------------
Emi Imazeki ホームページ
http://emiimazeki.info
instagram
https://www.instagram.com/futagozanophoto/
twitter
https://twitter.com/futagozanotweet



2017年11月2日木曜日

自分に頼るようになる



日々いろんな人に頼っていると思うけど、

最近は自分に頼るという方がしっくりくる。


なんでこんなことを忘れていたんだろう。


度々わからなくなって、静かに1人の時間を過ごす。


でも必ず「声」は聞こえてくるので、待ったり意識したりしている。



これがわかってきたのは、世界から正解がなくなってきてからだろうか。




------------------------------------------
Emi Imazeki ホームページ
instagram
twitter

2017年11月1日水曜日

祈ること






靈氣を習ったときに
五戒というのがありました。
「今日だけは」
ということばから始まります。

今日だけは
〇〇しよう
〇〇しないようにしよう

人間の性質は怠惰な部分もあるので
そのように自我を戒めるということなのかもしれません。
愛をもって。



手を合わせることは
感じることの練習です。
手と手の間に
エネルギーを感じます。


***


フラワーエッセンスの先生から
八手(やつで)のエッセンスについて聞いたこと。

受験生のお母さんが、
子どもの試験のときに八手の葉を服の背中に縫い付けて、
それがあたかも、
いってらっしゃいと信頼をもって送り出しているようだという話。



私がこの八手を描きながら感じていたことは、

周りの緑の葉は、
期待も手放すかのように大きく手を広げ、信じ切っている様子。

真ん中の寄せ集まっている葉は、
信じる前に何か力を蓄えているような、
内に秘めた願いがあるような
そんな印象を受けました。


祈ること“今日だけは” / praying “just for today” / pencil on paper / 2017
祈ること“夜明け前” / praying “before dawn” / oil on cotton / 2017


------------------------------------------
Emi Imazeki ホームページ
instagram
twitter